完全再資源化に挑戦する技術開発

大越工業(株)のエンジニアリングはとてもわかりやすい。たとえば、今までダストとして処理していたものをなんとか有価物にしたい。だから「ギロチンダスト資源選別回収装置」がうまれた。また、細かい手作業でしかできなかったハーネスの引きぬきを機械でこなしたい・・・そこで「鬼の手 Ver.2」が開発された。ものづくりの原点である、何のためにということが明確でその積み重ねはすべてが完全再資源化への挑戦をはたしているのです。

鬼の手

主なオリジナル開発技術

1.ギロダスト資源選別回収装置ギロダスト資源選別回収装置

2.鬼の手鬼の手

3.合わせガラス自動剥離マテリアル
 回収装置
合わせガラス自動剥離マテリアル

4.オートクランプロボオートクランプロボ

コンサルティング スクラップの付加価値を上げるIEによるリサイクル率の向上